アラスカパブロフ山で噴火、火山灰が1万1千メートルに到達

アラスカ噴火

アラスカのパブロフ山が大規模噴火

アラスカ州の南部に位置する標高2,518メートルのパブロフ山が27日に大規模な噴火を起こしたとアメリカのメディアが報じています。
この噴火により火山灰が上空1万1千メートルまで達したとの事です。

アメリカ地質調査所は、付近を飛行する航空会社と一般向けに最大レベルの警戒を発令したとの事です。
この噴火により、アラスカ航空は28日までに20便をキャンセルし、およそ1000人以上の足に影響が出ています。

その他現在飛行しているアンカレジやフェアバンクス行きの航空機にも影響が出ると見られています。

記事参照元:http://www.sankei.com/

 

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
  3. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
ページ上部へ戻る