【台風19号が東海、関東に上陸】非常に強い勢力で上陸。万全の備えと対策を

台風19号が2019年10月12日~13日に西〜東日本に上陸します。台風の名称はHAGIBIS(ハギビス)現在の中心気圧915hPaと非常に強い台風のまま東海から関東へ上陸の予報です。

これに伴い暴風はもちろん。関東山沿いでは500mm以上の大雨。東京など関東平野部でも200mm以上の大雨の予報になっています。

不要不急の外出を控え、電気や水、防災グッズを揃えておきましょう。

今後の台風の進路

海上ではなく東海エリア~関東に上陸します。

台風の大きさの比較

天気の子など監修している気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎さんが、昨年の台風21号と先月千葉に風害をもたらした台風15号と今回の台風19号との大きさを比較してくれています。広範囲に渡り雨風共に強くなりますので、厳重な警戒をしましょう。

戸建てなど窓の対策

窓は割れて散乱しケガをします。養生テープでしっかりと補強しましょう。

台風が来る前に備えるもの

停電への備えとして、モバイルバッテリーや懐中電灯、ラジオなども用意しておきましょう。また各地域のハザードマップ。降水量が多いため、河川の増水、氾濫も考えられます。お住まいの地域で避難情報が出たら「恥ずかしい」という考えは捨てて早めの避難を心がけましょう。お年寄り、お子様が居るご家庭では速やかに非難を。

非常用品の準備

防災グッズは何を用意すべきか?

以前 防災グッズの準備もあらかじめ行っておきましょうの中でも書きましたが、今回は主に 総務省 が発表している情報を元に幾つかピックアップしてみたいと思います。 今回はより多岐に渡って対応している防災グッズの側面が強いです。 避難を伴う災害と言うとやはり地震と水害をイメージすると思いますが、規模の大きい災害になると中長期的に家に帰れない事も多々あります。 …

台風19号の上陸までまだ時間はあります。

早めの対策とお水や非常食などリュックや非常持出袋に入れて備えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
  2. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  3. 2017-2-28

    【車中泊のポイント】事前準備と安眠を作ることが大切

    エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
ページ上部へ戻る