死亡者数も被害も東日本大震災以上になる!?

今後30年以内に70%の確率で発生するとされる南海トラフ巨大地震首都直下地震について、発生した場合、どの程度の被害が起こるか、コンピューター・グラフィックスを使ってシミュレーションした映像資料が公開されました。


内閣府防災が「TEAM防災ジャパン」のホームページ上に公開した2本の映像は、マグニチュード(M)9クラスの巨大地震を想定した南海トラフ巨大地震と、M7.3の首都直下地震が発生したときに想定される具体的な被害を映像で再現しています。

内閣府によると、南海トラフ巨大地震が発生した場合、東日本大震災の17倍にあたる32万3000人が死亡、避難者の数は950万人、帰宅困難者の数は京阪神と中京地区全体で1060万人に上ると考えられています。
映像では、民家や建物、高速道路の崩壊、通信網や交通網の断絶などといった被害が、過去の災害記録映像をもとに、リアルに再現され、視聴しながら追体験できるようになっています。

特に津波に関しても詳しく紹介しており、死亡者は23万人にも達するとしています。南海トラフ地震では震源域が陸に近いため、発生から到達までの時間が短いことが特徴です。東日本大震災での津波到達時間が最短で25分だったのに対し、南海トラフ大地震では最短数分で到着すると予想されています。津波から生き延びる方法はただ一つ、津波が来る前に高台や津波避難ビルに逃げることと力説しています。

その上で被害を最小限に食い止めるための減災対策が具体的に紹介されていて、 作成した内閣府は、自治体や企業などの防災担当者が、訓練や研修時に、自由にダウンロードして使って欲しいと話しています。

参照元:http://www.hazardlab.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 地震の危険度

    2016-1-24

    地震の危険度が高いとされている地域は?

    地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう 今年に入ってからも地震があちこちで見られています…
  2. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  3. 2017-2-28

    【車中泊のポイント】事前準備と安眠を作ることが大切

    エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
ページ上部へ戻る