ペット同伴避難でトラブルを防ぐためにはどうするか

お風呂

ペットを避難所に連れて行く事の是非

以前当サイトの中でも、有事の際にペットを連れて避難所に向かう事について記述しました。
ペットと一緒に避難するための事前防災準備3選

東日本大震災後に、こうしたペットを避難所に同伴することは様々な観点から見直しがされました。
飼っている人からすればペットも立派な家族です。逆に、世の中全ての人がそうした事に寛容なわけでもありませんね。

中にはアレルギーの人もいますし、全員が好意的ではないと言う事は普遍の事と覚えておきましょう。

熊本地震の避難所ではペットのトラブルも起きている

避難生活が長期化の様相を呈すると、それに比例してペット同伴の避難者は肩身の狭い思いをする様です。
短期間であれば、周りの人も多少の事は我慢できるが・・・。と言った所でしょうか、どうしてもペットのトイレ問題に始まり色々な場面で顔をもたげてきます。

特定の場所以外でおしっこをしてしまい、顰蹙を買ってしまったが故に避難所に居づらくなるケースもあるようです。
参照:http://news.livedoor.com/article/detail/11452434/

「同行避難」が認知されて来たとは言え、有事の際にはまだまだ敬遠される事が多いと言う事です。

今後の震災時にも生かせる対応を考える

世界的に見ても避難の際にペットを連れてくる事はおかしな事ではありません。
長年連れ添った家族と見ればやはり離れるのは心が痛む飼い主が殆どでしょう。

今回のケースでは、避難所に入れず車中泊を余儀なくされ、犬も熱中症になるケースも出ている様です。
気を使いあらかじめ避難所を敬遠する飼い主の人も多いと聞きました。

特に熊本は動物愛護に定評がある地域でしたが、改めて震災時にペットにどう向き合うかが浮き彫りになったと思います。
日本における今後の震災時に生かせる対応を考える必要がありそうですね。

現状よりもペット同伴を寛容に出来る対策を地域ごとで考えて行く事も大事だと思いました。

飼い主側でも事前準備を万全に

一番大事なことは飼い主サイドも事前にペットも含めた防災の準備を進めておく事です。
トイレマナーをしつける事や、極力吠えない様にしつけておく事が大事ですね。

必要な物資は、事前にストックしておくことも重要です。
やはり家族の一員であれば、他の皆と同じくペット用の備品も持ち出せるように事前に準備をしておきましょう。

救援物資の問題や避難時の体調の問題等他にも解決すべき事は沢山ありますが、そうした中の一つにペット同伴について今回も考える必要が有ると言う事だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  4. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
ページ上部へ戻る