【ドライシャンプーが好評】災害時のヘアケアはこれ! 

ウェットティッシュは防災グッズのマストアイテム

ドライシャンプーと呼ばれる商品があります。ドライシャンプーはもともと髪を水(お湯)で洗い流す必要が全くない簡易シャンプーのことを指します。この商品はもともと病気や多忙で入浴できない(入浴する時間を取れない)人向けに開発されたアイテムですが、発売以降は一切水を使わないというユニークな発想と機能がまさに災害による断水時に使えるという理由で、近年は防災グッズとして注目されてきました。

地震が多い日本で災害に見舞われた被災地では避難生活を余儀なくさます。避難所ではライフラインが止まってしまい制限されることが多いですが、中でも断水によって髪が洗えないことがとてもストレスになっているという話があります
事前にドライシャンプーを備蓄していたら使うことができますが、ない場合はどうしたらいいのでしょうか。

水が少しだけでも使える状況なら

お湯が使えると皮脂汚れまで落ちていいのですが、お湯を用意することが難しいと思います。そんな時は少量の水でも構いません。
ただ水だと泡立ちが悪いので、事前にしっかりとブラッシングを行って下さい。ブラッシングは髪に付着したゴミやほこりをしっかり取ることができます

洗う時も工夫が必要です。水をたくさん使うことができないので、泡立てるときは手元で少しの水とシャンプーでしっかり泡立て、数か所に少量ずつ直接泡をつけて頭皮をもみ洗いしていきます。

すすぐときは水の量を少なくするために、あらかじめ濡れタオルなので地肌についた泡をふき取ってからすすぎに入りましょう。髪ではなく頭皮を中心にすすぐと、水を多く使わなくて済みます。
水ですすぐ時は冷たいのでさっさと流しがちですが、泡が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。泡が残ると頭皮の皮膚トラブルを起こしやすく、治療が難しい状況のため避けたいところです。

水がほとんど使えない状況なら

水がほとんど使えないなら、濡れタオルかウェットティッシュを使いましょう。この場合もあらかじめしっかりブラッシングを行い、髪に付着したゴミやホコリを取っておきます。

髪を少しずつブロックを取りながらわけて、頭皮の見えるところをぬれタオルかウェットティッシュで少しずつ拭いていきます。特にウェットティッシュがアルコールタイプの場合、頭皮がすっきりして気持ちがいいはずです。
また、おでこの生え際や頭頂部な皮脂分泌がさかんなので、しっかり拭いておくといいようです。

アルコールタイプのウェットティッシュは洗髪だけでなく、体を拭いて清潔を保ったりと色々な場面で活用できますので、防災グッズとして用意しておきましょう。

ドライシャンプーの人気商品です↓

【PR】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 20日

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
  2. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
  3. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
ページ上部へ戻る