え、雪降るの…!?雪が少ない地域の対策法

雪道って、こんなに危険…!

雪が少ない地域では、慣れていないために少ない雪でも事故が発生します。
滑りやすい要注意な場所と、安全な歩き方をご紹介します!

 

横断歩道の白い線

3f99df21979087e557035451cc1c141f_s
この白い線には溶けた雪がしみこんでいかないため、氷の膜が張って滑りやすくなっていることがあります。

 

バス停やタクシー乗り場

a0001_015596
バスやタクシーを乗り降りする場所は、たくさんの人が利用します。
そのため、降り積もった雪が踏み固められてとても滑りやすく危険な状態です。
乗り降りの際は、慎重に足を運びましょう!

 

道の段差

a0001_003973
道の段差に入り込んだ雪はなかなか溶けません。
さらに、パーキングやお店の入口など車両の出入りがある場所は、雪が踏まれて余計に固くなっています。
大変危険な場所なので、気を付けましょう。

 

橋や坂になっている道

a0001_005612
坂道は斜めになっているため、橋は下から冷やされることによって、雪や氷がとけにくいので非常に滑りやすく危険です。

 

タイルが貼られている床

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
雪道を歩いたあとは、靴底についた雪をしっかり落としましょう。
靴底に張り付いた雪とタイルで滑りやすくなっていて危険です。

 

転ばないためのポイント

歩幅を小さく、足裏全体で着地!
できるだけ荷物はリュック等の背負えるものにして、手を空けましょう。
また、靴底に凹凸がついている靴を履くだけで、滑りにくくなります!

 

転んでしまうときのコツ

591300
転ぶときはお尻から転ぼう!
尻もちをつくようにして転ぶと、頭を打たずに済むことが多いそうです。

 

慣れない雪に備えよう!

雪は年に数回、降るか降らないかの地域では少しの積雪でも大変です。
改めて、雪との付き合い方を見直して安全に過ごしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  2. 2017-2-28

    【車中泊のポイント】事前準備と安眠を作ることが大切

    エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
ページ上部へ戻る