余震の影響で陥る地震酔いの解決法

地震酔い

乗り物と似た感覚に陥る

昨日の熊本地震の余波で、現在「地震酔い」する人が多発しています。
最初の震度7を観測した地震から、その後続く余震により体調を崩す事になります。

具体的には、船酔いと似たような物と言われていますが、長期的に地面が揺れる事によって、視覚情報と平衡感覚にズレが生じる事になる事です。
俗に三半規管が弱い人は船以外でもバスや車で酔うと思いますが、余震で揺れが続く事により、これと同じような感覚に陥る人が多いんですね。

又、精神的な部分でも地震はストレスを生じるので、結果的にそれが体調を悪化させる大きな原因にもなります。

地震酔いが有名になったのは3.11の後

「地震酔い」と言う単語自体は正式に医学用語で使用されているものではない様です。
5年前の東日本大震災の際には、離れた首都圏でも続く余震を体感しました。

私個人も当時都内に住んでいましたが、暫くつづいた余震によりどことなく気持ち悪くなったことを覚えています。
同じく気分を悪くした人は多く、周りを含めネット上でも多く散見されました。

何というか、余震で揺れ出すと「またかー」と言う嫌な気持ちになり、その暗い気持ちがそのまま体調に出た感じです。
これはあくまでニュアンスの話ですが、当時を振り返って記事にしてみると正にこんな表現が合うと思います。

地震酔いの解決法は

気になる地震酔いの解決法ですが、明確にこれだと言うものは存在していません。
しかし、効力を発揮する物として、梅干しを食べると言う方法があります。

特に吐き気に対して効力を発揮しますが、胃の辺りがムカムカとし、胃液や食べた物を戻しそうと言う状況では梅干を食べるとスッと引く事が多いです。
恐らく梅干しに含まれる塩分等と関係があると思いますが、ひょっとしたら塩を舐めるだけでも効果があるかもしれません。

その他根本的に地震酔いを解決となると、現状では軽く体を動かす、深呼吸をすると言った事しかない様ですね。
船や車から酔った状態で降りた時と同じ感覚が続くわけですから、すんなりとはいかなくても効果はあると思います。

水を飲む、三半規管を落ち着かせるために遠くを見つめると言った方法も効果があるとされていますね。

5年前にも言われた事ですが、一般的な酔い止めも効果がある場合が多いとの事。
どうしても収まらないけど何とかしたいと言う人は、市販の酔い止めを試してみるのも手だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 2016-8-17

    災害時の野菜不足~非常食も栄養バランスが大事~

    野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  2. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  3. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
ページ上部へ戻る