地震の危険度が高いとされている地域は?

地震の危険度

地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう

地震の危険度

今年に入ってからも地震があちこちで見られています
地震はいつどこで起こってもおかしくないので日ごろから防災意識を持っておくことが大事なことはいうまでもありません

自分の住んでいる地域が危険な地域だとわかっているのならなおさらです

またたまたま旅行した先で地震に合うということも考えられなくはありません
どんな地域が危ないのか危険を回避するための知識も持っておきましょう知識があるかないかであなたの生死が分かれるかもしれません

東海地震や首都直下型地震については引き続き警戒して

全国地震動予測地図というのをご存知でしょうか
それによると今後30年以内に震度6以上の揺れに見舞われる確率が高い順番が書かれてありました

高い順に静岡89.7%津87.4%、横浜71.04%根室65.3%水戸62.3%やはり静岡県に住む人は東海地震を警戒しておくのは常識です

また巨大地震南海トラフ地震心配されています
名古屋静岡周辺に住む人は特別な注意が必要というのはいうまでもありません

地震を予言している人の発言も気になるところです
信じるか信じないかは別として意識しておくことも大事でしょう東日本大震災を的中させその場所まではっきり予言した松原照子さんをご存知でしょうか

彼女は2016南海トラフ地震富士山の噴火可能性を強く予言しています

遅くても2018年までには起こるという予想です
また次に心配されるのが多くの人が住む東京で起こる首都直下型地震でしょう

東京周辺で震度6以上の大地震が起こる確率が20%もアップしたということが言われています
詳細を述べると横浜市役所78%さいたま市役所51%千葉市役所73%、東京都庁46%ということです

政府の地震調査委員会の資料なので信頼できるものと言えるでしょう

地盤の強い地域、建物の倒壊が心配な地域も注意

さて地震発生率の高い地域に住んでいる人は防災意識を日ごろから強く持っている人も多いですがそうじゃない人も油断していると思わぬ被害にあうこともありますだれもが注意しなければなりません

注意しなければならないのは地盤の弱い地域に住んでいる倒壊しそうな建物もしくはそのような建物に住んでいる海の近くに住んでいる人です

同じ揺れでも場所によって被害が変わってきます自分の住んでいる場所が弱い地盤の上なのかそうでないかはハザードマップなどで一度確認しておく必要があるでしょう

これから危険地域に引っ越しや新築を考えているという人は利便性や金額ももちろん大切ですが安全かどうかということを一に考ることをしていただきたいと思います

[関連記事]

1月19日に関西地方で地震が起こると言う予知について

南海トラフ巨大地震に備える

地震予知?耳鳴りと地震の関係とは

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
  2. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  3. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
ページ上部へ戻る