「速報」地震続く九州、大分でも物資が不足

主に水や防災用品が不足に

先週末から続く平成28年熊本地震を受けて、大分県でも水などの物資が不足してきているようです。
主に飲料水や防災用品を購入する人が増え、その後入荷するまでは売り切れが相次いでいるといいます。

次いでカセットコンロや、家具を固定する器具の売れ行きも増え、今後の地震に備えての事だと思われます。
又、被害の大きかった熊本県に居る親類や友人に届けるために、近隣の県でも購買するケースも増えていて、いずれにせよ避難所を始めとして救援物資の入荷が待たれると思います。

同じ様な関東でも垣間見えていて、防災に対する意識が高まっているとも言えます。
事前に防災グッズを準備しておくことも重要です。

参照記事[地震続く大分 水や防災用品などが品薄に]
http://www3.nhk.or.jp/news

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 地震保険

    2016-2-11

    万が一のために加入しておきたい地震保険

    地震に備えられる地震保険 火災が起こると建物や家財に大きな被害をもたらすことがあります。 金…
  2. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
  3. 2016-8-17

    災害時の野菜不足~非常食も栄養バランスが大事~

    野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
ページ上部へ戻る