コンセントから発生する火災に要注意

コンセント

家庭で気を付けるべきトラッキング火災

自然災害とは違いますが、家庭でも気を付けるべき火災があります。
俗にトラッキング火災と呼ばれるこの現象は、コンセントから自然的に発生する火災です。

具体的に言うと、壁に設置してあるコンセント穴と差し込んだプラグの間に埃がたまり、そこに電気がショートして発生する火災です。

発生の原理→http://matome.naver.jp/odai/2133073701309129301

トラッキング火災の怖い所

この手の火災が怖いのは、完全にケアしていない状況の屋内で起こるという部分です。
特に、長年刺しっぱなしのコンセント付近で発生する事が確認されていて、外出中に起こるとなすすべはありません。

ただ家財や所持品も巻き込んで火事が広がっていくのみになります。

まだ自宅にいる際に起これば火の手が大きくなる前に対処する事も可能だと思いますが、外出していると何もできない上にペットを飼っている場合それも生命の危険にさらすことになってしまいます。

このように、発生すると甚大な被害をこうむる怖い火災なんですね。

予防方法は何か

では普段からどの様なケアをしておくことで未然にトラッキング火災発生を防止する事が出来るでしょうか。
一番は定期的にコンセントを抜き、間にたまった埃を取る事です。

コンセントとプラグの間にたまった埃が原因になるので、まめな掃除を行う事で発生確率は一気に下げる事が出来ると思います。
部屋の掃除をする際にそこまで手を回す人はなかなかいないかもしれませんが、出来れば月一ぐらいは全てのコンセントを抜いて拭く事が望ましいと思います。

特に長年差したままで、家具の裏側など埃っぽい所にあるコンセントは要注意です。
他の場所より埃がたまりやすいので、ずっと手つかずのままだと危険性は高まると言えます。

定期的でなくても、思い出した際に抜いて拭きとる作業は行った方が良いでしょう。

トラッキング火災が発生しやすい場所とは

冒頭の参照記事にも書いてありますが、主な発生元としてよく挙げられるのは「たこ足配線」「キッチン周りのコンセント」「掃除をしにくい場所のコンセント」になります。
その内訳の殆どは埃がたまりやすいと言う点で共通していますが、気を付ける点として水分も関係していると言う事です。

電気がショートする要因には水分も大きく関わっているので、キッチン等の水気のある場所では水分がたまりやすい環境にあります。
結果的に、電子レンジや冷蔵庫などの長い間位置も変わらない家電に関しては注意を払うようにしましょう。

たこ足配線が家具の裏にある場合等は特に注意が必要になります。
一か所に複数の差し込み口が集まるたこ足ではショートが発生する可能性が高くなると共に、それ自体が家具の裏側など普段からケアしにくい所にある場合はやはり意識的に掃除してみる方が良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 標語

    2016-3-8

    防災標語のおさらい

    防災にまつわる様々な標語を考えて見る 防災に関する標語は色々な物があります。 日本は避難訓練が盛…
  2. 2017-5-18

    【3.11大川小を忘れない】親としてできることとは?

    大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  3. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
ページ上部へ戻る