大雪経験から学んだ事[体験談]

大雪体験談

白い色しか見えない恐怖

大雪体験談

今から2年前私が住んでいる地域に大雪が降りました
標高が高い場所で避暑地として夏場は観光客や別荘の方でにぎわう町です

例年11月中旬には小雪が舞い始め地元の人間は長い冬を越すために色々と準備をしていきます
都会と違って普段生活をするのに自家用車は必要不可欠なのでシーズン初の雪が降り始めるとタイヤを冬用に替えたり暖房器具の点検や燃料の確保をしたりします

誰もがあんな大雪になるとは思ってもいなかったので町中大パニックになりました
その経験を踏まえてこれから活かしていく必要があると強く感じました

一晩で降り積もった雪

大雪になる前の夕方くらいから急に降雪量が増え始めてきたのでたくさんの人が仕事を早めに切り上げて足早に家に帰りました
今日はよく降るなきっとほとんどの人はその程度に感じていたと思います

早めに仕事を切り上げたせいもあり町中お店はもう締まっているためより一層どんよりしているように思いました

朝になれば止む私や家族はそう思っていました

そして翌日寝室の窓辺のカーテンは閉めてあるのにものすごく明るいので雪もやんで晴れたんだ思いながらカーテンを開けました

そこで目を疑うような光景を目の当たりにして思わず絶句でした
大変大変私が騒ぐと中学生の子供が玄関のドアの外の景色を見てびっくりしていましたニュースなどで報道されていた降雪量の数字よりはるかに積もっていたと思います
ざっと140センチくらいでしょうかとりあえず雪かきをしなければと思いましたがどうやってかいていいのかわかりませんでした

雪の中に強引に体を入れ歩きながら道を作り自分の肩よりも高い位置に雪を掻き上げなければなりませんでした一日中雪かきに追われますが終わりが見えない不安はつのります

数日前に食料の買い出しに行ったきりなので食べるものはどうしようとか灯油が足りないかもとか必要最低限のもので乗り切り何とかやりくりをしました

冬場はこまめに買い物に行く

私の住んでいるエリアは除雪車がなかなか入らず歩いて2キロ先の国道沿いのスーパーにいけるようになったのは大雪から5日経った頃でした

1週間まったくどうにもならなかった友人もいました
自衛隊が来て国道の雪かきは進んでいるとのニュースで流れていたのできっと世間の人はもう安心思った方も多いと思いますがそうではありません同じ道路でも県の管轄国の管轄など色々大人の事情があるそうです

スーパーに行ける距離に住んでいる人でもスーパーが何とか営業を再開をしてくれたけどものが何もない連絡をくれたりしました
うちは何とかしのげましたがお年寄りなど普段からスーパーに行く回数が少ない人は本当に大変だったと思います

あの時の苦い思い出があるので冬普段から缶詰など備えて置いたりこまめに買い物に行くことの大切さを学びました

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 地震の危険度

    2016-1-24

    地震の危険度が高いとされている地域は?

    地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう 今年に入ってからも地震があちこちで見られています…
  2. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
  3. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
ページ上部へ戻る