違った切り口で防災を考える

猫

その他の防災に関するマメ知識

猫

「防災」と言括りの中には様々な災害が対象になります。
地震、火災、水害、大雪等多岐に渡りますが一般的な防災や防災グッズに関する情報とは又別に、細かい情報を幾つか紹介してみたいと思います。

火災を発生させないためには?

  1. 火災防止器を設置する
  2. タバコを辞める
  3. 家電製品を買い換えるようにする

火の気を起こさないと言う意味では上記の様な対応も事前に取る事が出来ると言えるでしょう。
火災に対しては、とにかく事前にこまめな確認やケアを行っておく必要があります。

さらにはオススメの防災グッズについてもご紹介しましょう。
http://www.pro-bousai.jp/

こちらは元消防士が災害時の体験を聞いて、つくった商品になります。
これは万が一のために自宅に1つは欲しいですよね。

オススメの防災グッズ

http://www.pro-bousai.jp/U001.htm
こちらは防災グッズのお子様バージョンになります。子供でも使いやすい商品になっているがその特徴になります。

http://www.pro-bousai.jp/R0020.htm
こちらの商品は5年間保存ができるようかんになります。チョコレートとならんでようかんは栄養価の高い商品であることで知られているので防災時にはピッタリの商品になるのです。

http://www.pro-bousai.jp/helmet2.htm
こちらのヘルメットは折りたたみができるのでスペースをとりません。地震の時などには上から物が落ちてくる危険性が高いのでヘルメットは必須のアイテムでしょう。ヘルメットは防災グッズは基本的に必要なものになります。価格もそこまで高いものではないのでぜひとも準備しておくようにしましょう。

法人向けの防災グッズもある

個人や各家庭ごとの防災グッズの他にも、最近は企業毎で防災に力を入れている機会を目にする事増えてきました。
東日本大震災の際に都心部では帰宅難民が多く出た事もあり、現在ではある程度防災が義務付けられているケースになっています。

http://www.mt-net.co.jp/bosai/152_437.html
こちらの防災グッズは50人用の防災グッズになります。万が一の場合に備えて法人でもこちらのような防災グッズを揃えておいたほうがいいでしょう。地震や津波が頻発している地域であればこのような法人用の防災グッズを準備しておくといいのです。

http://www.mt-net.co.jp/bosai/139_609.html
災害時に必要となるのが電気です。
地震や台風などの際には電柱が倒れたら電気が使えなくなります。なので、上記リンクのような発電機を買っておくようにするといいのです。

さらにはこちらの発電機を製造しているのは有名な自動車メーカーであるHONDAです。
連続しておよそ3時間から7時間程度稼働させることができるので、非常に便利です。

さらにはこちらの発電機は防災時だけではなく、キャンプなどの際にも利用することができる発電機になるのです。価格もお手頃なのでぜひとも購入しておくと良いのかもしれませんよ。

[関連記事]

日本発の水を使わない消防車が海外で注目!

防災と防犯にまつわる有用な小技

機能だけじゃなくデザインも重視したおしゃれ消火器が人気

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 地震保険

    2016-2-11

    万が一のために加入しておきたい地震保険

    地震に備えられる地震保険 火災が起こると建物や家財に大きな被害をもたらすことがあります。 金…
  2. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
  3. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
ページ上部へ戻る