日常と非常時の乖離を出来るだけ小さくする工夫[体験談]

ヘルメット

出来る限り避難所には行きたくない

ヘルメット

巨大地震が起きるたびに避難所での生活ぶりなどがニュースで流されます

自分には経験のないことですが見ていてまず不自由な暮らしだろうなと思います
家が壊れたり津波などで飲み込まれたら仕方ありませんがそうでなければ出来る限り避難所には行くことなく自力で復旧の目処を立てたいなとも思います

そのためにはまず身体を守らなくてはなりません
そして動くために最低限のエネルギー源も必要になります

それに関する我が家の取り組みをご紹介させていただきます

日常作業、日常食を兼ねた防災グッズ、備蓄

まず何はともあれ頭を守る必要があるのではないかと考え真っ先に調達したのはヘルメットです
玄関のすぐ手が届く場所に置いてあります

次いで用意したのはハンマー
これも玄関に置いてあります

我が家の玄関は引き戸ですが仮に振動で変形して開かなくなったときハンマーがあれば外すなり壊すなり出来るからです

また作業を行うための軍手は2枚重ねにしてこれも玄関の下駄箱の上に置いてあります
これらは日常の大工仕事でも活用していますこれらが能動的な防災グッズであるのに対しライフラインが寸断された状態で過ごさなくてはならない場合を想定し水と食料も備蓄しています

水に関しては毎年大寒の日に水道水を2リットルのペットボトルに詰め物置に保管しています
古くから大寒の汲んだ水は一年間腐らないといいますが空気を可能な限り含めずに汲んだ水は確かに1年間腐りません

食料に関してはほとんど缶詰即席めんで備蓄しています

好物のさば缶を常時30缶さんまの蒲焼を20フルーツ缶を110缶即席めん20食程度を玄関すぐ脇の屋内で備蓄しています万が一家が壊れても外から取り出しやすいように配慮していますほかに干物乾物などは日常食を兼ねて常時入れ替えながら10袋程度は残るような使い方をしています

毎日の備えがあれば憂いなしです

万が一への備えは日々の生活の延長上で考えるようにしています

巨大地震などは非常事態ですがそうした時でも生活をしなければなりません
その生活は現在の生活に出来るだけ近い方が適応もやすいと考えます

ですから普段からある程度極限の生活を意識して生活を出来るだけシンプル化しています

また先に書いた防災グッズ備蓄品は普段からこまめに使うことで繰り返し訓練を兼ねています例えばヘルメットは庭の枝をカットする際に着用しハンマーは釘が浮いたりすれば打ち付けます

軍手は空き缶などを資源ごみとして出す際に必ず着用しています備蓄食材である缶詰類は定期的に主食・副食として食べていますそうすることで賞味期限切れにせずにすみますし缶詰しか食べられないときの訓練にもなります普段の生活を防災に組み入れることが最大の備えだと思います

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. 地震保険

    2016-2-11

    万が一のために加入しておきたい地震保険

    地震に備えられる地震保険 火災が起こると建物や家財に大きな被害をもたらすことがあります。 金…
  3. 大阪市営バス

    2016-3-11

    東日本大震災当時の大阪市営バスの活動に感動

    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…
ページ上部へ戻る