長期間家を空ける際にやっておきたい事

旅行

長い間家を留守にする際に確認しておきたい事

旅行

防犯の観点が強いですが長期間家を空ける際にはやっておくべきと思われる事が幾つかあります。
これは災害後に遠方の親類等を頼って長期間家を留守にする際にも言える事です。

先ず空き巣対策を念頭に考えましょう。
家を長い間空けると言う事は、それだけ空き巣被害に遭遇する可能性は高くなるとも言えます。

それ以外にも自体が傷まない様にと言う配慮や、万が一でも火災に繫がる事をケアしておく必要がありますね。

家の施錠は完全にしておく

鍵

当たり前の事ですが家を出る際には普通鍵をかけて出て行きます。
これが長期間となると、玄関だけでなく各部屋の窓とドアを全てしっかり施錠しておきましょう。

トイレの小窓や洗面所の窓も施錠します。
普段意識が向かない2階の部屋の施錠も完璧にしておきましょう。

仮に小さいサイズの窓だとしても空き巣被害を軽減するために行い、最後に確認をするようにしてください。

留守番電話の不在メッセージを使用しない

留守電

留守宅の家電に電話をすると留守を教えてくれるメッセージがあります。
何回コールされたら喋り出すかの設定等も自由に出来ますが、自宅を長期間留守にする場合は意図的にこのメッセージは流れないようにしましょう。

可能であれば「留守」と言う単語が出てこない「今手が離せません」等のメッセージの方が良いです。
その辺りの設定が出来ない様であれば、コールがなるだけの物にした方が良いでしょう。

これは、長期間家を留守にしていると第三者に認識されてしまうと空き巣被害に会ってしまうかもしれません。

キッチン周りの対応

キッチン

家庭内では主に電気と火を扱うキッチンでは火災の原因になりそうな物を廃しておくようにしましょう。
ガスの元栓は締めた状態で旅行等に向かいましょう。これも万が一を想定してですね。

その他冷蔵庫以外の電化製品はコンセントを抜いておくことで、漏電からの出火を抑える事が出来ます。
冷蔵庫だけは電源を落としてしまうと再度使用する際にかなりの時間を要するので、基本的には電源は入れたままの状態にしておきます。

中の食材は、可能な限り消費していくのがベストですが、これはあらかじめ計画的に進めておく必要がありますね。

排水溝などは蓋があれば閉めて行くと羽虫や小バエの侵入経路を防ぐことが出来ますので、行った方が良いです。
一般的な排水溝では、水が無くなって配水管と直通の通気になってしまうとそこから下水の独特な嫌なにおいが漂ってきます。

事前に排水溝のトラップと呼ばれる部分には水を入れた状態にしておくほうが無難でしょう。

[関連記事]

防災の優先度!家具を固定する順序

もしもエレベーターの中で大地震に遭遇したら

避難時簡易トイレの作り方

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  2. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  3. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る