災害直後は足の怪我に気を付ける

足の保護

機動力に直結する足の怪我

足の保護画像参照:http://mrg.bz/m9X5oh

震災後に被災地を歩く際に足の怪我に気を付ける必要があります。
これは頭部に次いで体の部位の中では怪我を負わない様に気を付けたい所になります。

仮に足に怪我を負い歩行が困難になってしまうと、避難やその後の生活にも支障が出ますから普段以上に気を付けたい所です。

特に震災後は瓦礫が沢山出る事も考えら、その付近ではガラスの破片や釘の踏み抜きによる怪我が多発します。
救助作業の最中や、人を探すために歩いている時でも注意が必要だと覚えておきましょう。

実際に東日本大震災の際に足元を保護する方法を実践した人の意見を聞いた事がありますが、破片や釘の他にも水も救助作業の妨げになった事が多かったそうです。
普段なら特に気にもならない水たまりでも、有事の際は足先から体温が奪われていく等注意する必要が出てくるようですね。

履いている靴の種類や形状にもよると思いますが、簡易な物でも良いので足の保護を考えるようにしましょう。

ポリ袋を使うだけで足の保護になる

一番簡単な足の保護方法として、スーパーやコンビニのポリ袋を被せるという物があります。
袋の口側から足を入れて、くるぶしや足首の辺りで縛るという物です。

基本的にビニール袋であれば水を通さないので。これだけでもぬかるんだ場所などの作業では効力は発揮します。
瓦礫などが無い所であればこれだけでも十分かもしれませんが、家屋の倒壊した場所で作業を行う場合は更に釘などをケアする必要があります。

この際は、先のビニール袋で足を保護した後、靴底の裏に固い板状の物を付けましょう。
鉄の板などでは重量により行動が制限されてしまうので、少し厚みのある木製の板などが好ましいです。

週刊誌程度の雑誌をくくりつけるの物良いですし、大事なのは釘の踏み抜きを防止する事です。
そもそもブーツなどを履いていればそれだけで対応しているとも言えますが、夜間の震災でスリッパのまま飛び出した時、靴底が薄手のスニーカーの場合はこの様に靴底を厚くすれば、その後の作業中に怪我をする頻度は少なくなるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  3. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  4. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…
  5. ダートネル博士
    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…

過去話題の記事

  1. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  3. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
ページ上部へ戻る