緊急の際に包帯の代わりになるアイテム

ハンカチ

避難中の物資が少ない時でも代用できる物

ハンカチ

災害に伴い避難を行った際、体のどこかに怪我を負って居た場合は手当をする必要があります。
これは平常時の生活の中でも同じ事ですが、先ずは傷口にガーゼバンドエイドをあてがう事が多いです。

その後包帯で患部を覆う事が一般的になりますが、避難時にはこの包帯が無い、足りないと言った状況が多い様ですね。

そこで、今回はいざと言う時に包帯の代わりにもなる身近なアイテムを紹介したいと思います。

大事なのは清潔度

患部を程よく覆う事が出来る物であれば何でも代用しても良いとは思いますが、大事な事は清潔かどうかです。
傷口から菌等が入らないように、可能限り清潔な物を用意しましょう。

  1. ハンカチ
  2. カーテン
  3. ラップ
  4. ストッキング
  5. ネクタイ
  6. タオル
  7. 手ぬぐい

これらの物が緊急時に包帯の代用品として使用する事が推奨されている物です。
どれも身近にある物で、準備に手間がかかる物ではないと思うので防災グッズの中にあらかじめ入れておくと良いでしょう。

カーテンの様にその都度状況に応じて使用する物はこの中でも優先度は低いと言えます。
怪我による出血の量や深刻度によって適宜最と思われる物を使用してください。

一番使いやすいのはストッキング

これらのアイテムの中で一番使用勝手が良いとされているのがストッキングです。
伸縮性もあるので、主に胴側の方を使い両足の先端部分で結んでしまえば包帯と同じ要領で使えるでしょう。

洗濯が可能であるなら洗う事で再使用も出来ます。
緊急の際は慌てず、包帯が無くておこれらのアイテムが身近にあるかどうかを最初に確認してみるのも良いと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
  2. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
  3. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
ページ上部へ戻る