2月6日に巨大隕石が大西洋上で爆発していた

隕石2月6日

広島原爆と同規模の爆発レベルか

今月頭の6日に大西洋上の大気圏内で隕石が爆発していた事が判明しました。
これはNASAが公表した物で、同じような現象は過去にも年に何度か確認されているとの事です。

今の所目撃者がいたわけではないですが、軍事センターを始めとした幾つかの機関ではその存在は明確に確認出来ているとの事です。
以前も「隕石に当たって死亡する確率が話題に」と言う記事で書きましたが、基本的に地球は普段から隕石などの脅威にさらされています。

小さい物は大気圏内で燃え尽きたり、月にぶつかる事で軌道が変わったりしていますが可能性としてはいつ大きな物が地球に衝突しても不思議ではないレベルなんですね。

今回大西洋上で確認された隕石の爆発も事前に観測できる物なのかどうかは疑問のままです。

2013年にロシアに落下した隕石に次ぐ大きさ

先にも書いた様にこの手の大半の事件は大気圏内で燃え尽きるか洋上に落下して事なきを得ます。
隕石の大きさにもよりますが、仮に地表に激突したとなると膨大な量のエネルギーが生じ、とてつもない爆発を伴います。

その際に引き合いに出されるのが原爆であったり、TNT火薬だったりしますが6日に爆発が確認された際の規模は広島原爆と同規模と見られています。

想定される隕石自体の大きさは2013年にロシアのチェリャビンスクに落下した物に次ぐ大きさと見られています。
ちなみにこの時の隕石の大きさは直径が約18メートル、負傷した人は1600人にも上ったようですね。

事前に隕石の到来を察知していた可能性

一部で言われているのがある程度事前に今回の隕石も確認されていたんではないかと言う事です。
映画の様に隕石の到来を事前に周知してしまうとパニックを起こす人が多数出てしまうと言うのがその大きな理由ですね。

これは一理あり、隕石ではなくても流言飛語に惑わされて命を絶つ人も実際にいます。
洋の東西を問わず終末的思想はなるべく想起させない方が無難と言う事で、今回も事後報告でニュースが出たのかもしれません。

それを賢明と思うかどうかは別の話ですが、やはり地震や洪水等の一般的な自然災害とは別にこう言った脅威もある言う事は覚えておきましょう。

参照:http://www.dailymail.co.uk/

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  3. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  4. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…
  5. ダートネル博士
    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…

過去話題の記事

  1. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
ページ上部へ戻る