【気象庁発表】南海トラフ地震の発表基準を公表。2時間後に情報発表へ

気象庁は、11月1日から「南海トラフ地震に関連する情報」(臨時)と(定例)を発表するとしました。

臨時の際には、【異常な現象が発生】から概ね30分後に「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)第1号」を報道発表。

最短2時間後には「第2号」として検討会の出した結果を発表し、大規模地震の恐れが高まったと評価された場合は地震津波対策を再確認する様に求めるとの内容です。

【異常な現象】とは南海トラフ沿いでマグニチュード 7.0 以上の地震が発生した場合。また東海地区に設置している「ひずみ計」が普段とは違う変化があった場合などを想定。

南海トラフ地震に関する新たな防災対策として、11月1日正午から運用を開始するとなっています。

詳しくは、下記、気象庁ホームページ報道資料をご覧ください。
「南海トラフ地震に関連する情報」及び「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の当面の運用について

もしも南海トラフ地震が起こる恐れがある場合、最短で2時間前に警戒情報など何らかの報道発表があるという形です。

政府は9月から予知困難という最新の知見を踏まえ、東海地震を前提とする大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく防災態勢の見直しを決定した形での発表になっています。

ただ2時間前に南海トラフ地震の発生の恐れがあります!と言われて、我々はどう行動すべきなのか?

被害が想定される各自治体の防災対策はどの時点で開始すればよいのか?など、まだ情報発表に関する改善は必要に思えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 地震の危険度

    2016-1-24

    地震の危険度が高いとされている地域は?

    地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう 今年に入ってからも地震があちこちで見られています…
  2. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  3. 大阪市営バス

    2016-3-11

    東日本大震災当時の大阪市営バスの活動に感動

    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…
ページ上部へ戻る