山陰・四国地方に地盤のひずみが集中か

土砂崩れ

新たに「ひずみ」が確認された地域

先日書いた記事で「ひずみ」に関する情報をまとめた物があります。
参照記事→南海トラフ震源域で「ひずみ」発見

ここで言う「ひずみ」とはいわゆる地震エネルギーが蓄積された地盤の事を指します。
先に見つかったひずみは、やはりと言うか南海地方を中心とした物でした。

今回新たにそこ以外にもひずみが見つかったと言う事で、日本列島を取り巻く地震の脅威はいまだ継続中と言う状況です。

山陰地方や四国にもひずみがある

京都大防災研究所の西村卓也准教授の発表によると、山陰地方、四国地方、近畿地方、南九州にもひずみがあると言う事が判明したようです。
主にGPSのデータを元に解析された情報の様ですが、25日に公表されました。

そもそもひずみとはプレートがもう片側に沈み込む際に発生してたまるエネルギーです。
ある意味直接的な地震の引き金になり、ひずみがある地域は注意が必要です。

今回の地域に関しては、そのひずみが溜まりやすい地域として、以前よりデータを観測してきた地域になるようです。
引用させて頂きますと、

  1. 山陰の島根県東部から鳥取県にかけて
  2. 四国の中央構造線断層帯沿いや高知県東部
  3. 近畿の和歌山市周辺や淡路島から神戸、京都を通り福井市付近にかけての帯状のエリア
  4. 九州の鹿児島県北部から宮崎県南部にかけて
  5. そして熊本地震の震源域になった布田川(ふたがわ)、日奈久(ひなぐ)の両断層帯付近など

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11562524/

上記が今回名前が挙がった地域です。

ひずみと地震発生率の関係は正確か

現在ひずみと地震の発生率は確かな物か等の研究は進んでいます。
過去の事例で言うと、1923年以降のマグニチュード6以上の地震をフィーチャーすると、いわゆる「ひずみがたまりやすい地域で発生している」との見解の様です。

一概にひずみがあった地域ですぐ地震が起こるとは言い切れませんが、今後は内陸部での地震予知の研究にも生かせるとの情報もあります。

24日発表された、南海トラフ大地震に関係すると思われるひずみの情報に関してはネット上でも様々な意見が噴出しました。
やはり、現在警戒すべきとされている地震だけあって、不安を感じる人が多いと言う事でしょう。

現在、伊勢志摩サミットが開催されていますが、そこに地震がぶつかる可能性が高いと言う情報もあります。
現実には南海や東海だけでなく、やはりどの地域に住んでいても警戒は怠らない方が良さそうと言う事になりますね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
  2. 2017-2-28

    【車中泊のポイント】事前準備と安眠を作ることが大切

    エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. 2017-5-18

    【3.11大川小を忘れない】親としてできることとは?

    大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
ページ上部へ戻る