【台風18号】急カーブして週末には本州横断へ。週末は各地で大荒れの模様。

強い台風18号(タリム)は、9月13日15時には宮古島の東北東約60km付近にあり、北北西へ時速15kmで進んでいます。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。

各機関の台風進路予想では東シナ海から急カーブをして、週末9月16日(土曜)~9月18日(月曜)の敬老の日までの3連休は本州を横断する予報になっています。

まだ予報円は非常に大きいですが、9月16日(土曜)には九州、四国、近畿へ。17日(日曜)には東海、北陸、関東地方へ。18日(月曜)には東北、北海道へと週末の3連休は大雨、暴風など大荒れの天気が予想されています。

宮古島では台風の接近に伴い猛烈な風が吹いており、暴風、高波など厳重な注意が必要です。

今年も日本各地で水害が多くなっていますので、台風情報を必ず確認して早め早めの準備と行動できるように避難場所はどこなのか。

またいざという際には近くのより安全と思われる建物など、あらかじめ確認して迅速に避難行動が出来る確認をしておきましょう。

引き続き台風18号の情報は常に最新の情報を確認してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
  2. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  3. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
ページ上部へ戻る