津波が発生してしまった場合の避難の仕方

津波のメカニズム

避難の仕方で生死を分けることもある

津波が起きてしまった場合に避難の仕方一つの判断が生死を分けることも珍しくありません

しかし地震が起きて津波が来る場合などは冷静な判断を取ることは難しいですし周りもパニック状態になる場合もあるのでより冷静な行動は難しくなります

そこで津波が起きた際に避難の仕方を知っておき事前に避難場所を候補として用意しておけば短期間でくる津波でも対応することができますし地元以外で津波が発生した場合でも避難すべきことが分かってきます。

津波が発生した際の避難方法と移動手段

津波が起きたい際の避難の仕方一番良い避難の仕方まず候補として挙げなくてはいけないのが高い場所に避難をすることです

高ければ津波の影響を受けなくても済むので防災状況などを把握して十分な高さを持った場所に避難することが求められます
津波は途中で移動するのが困難であるので注意が必要になります高い山などがない場合に行う非難方法高い山が周囲にない場合や建物しかない場合には出来るだけ高い鉄筋コンクリートの建物に避難をすることです

木造などの場合には津波の威力によって流されてしまう危険性もあるので高さのある鉄筋コンクリートの建物の方が耐えることが出来ます

津波が起きた際の移動手段避難は出来るだけ徒歩で行う避難をする際に出来るだけ遠く逃げようと考えた場合に自動車を使う方法を考えてしまいますが多くの人が同じように自動車で移動してしまうと渋滞をしてしまうことがあります

そのせいで移動が困難になってしまうことがあるのでできる限り徒歩で避難するようにしますお年寄りや足が不自由な人がいる場合の避難方法この場合も自動車ではなく車椅子などを使って避難することが良いのです

その為に自動車で行ける遠方の避難場所ではなく近場に逃げられる場所を見つけておくのがベストですその際に近隣の協力なども行いながら一人で助けるのではなく多くの人で協力することによって避難することが良いでしょう

避難の仕方は事前に考えておくことが重要

このように津波が起きた際には津波に飲み込まれないような高さを持った山や建物に避難するのが良いのです

これも冷静な判断が取れるように事前から津波が発生した状況を想定していくつもの候補を前もって調べておくことにより津波が起きた場合にパニックになってしまった時でも冷静に対応することが出来ます

そして避難場所に移動する際には自動車ではなく徒歩で避難をすることが重要になります中には足の不自由な人がいたり長い距離の移動が難しいお年寄りがいる場合には近隣住民と協力して車椅子などを利用して移動することが避難の仕方では良いでしょう

こういった避難の仕方は実際に津波が起きてから考えるのではなく事前に避難場所なども含めて考えておくと避難がスムーズにいきます

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 地震保険

    2016-2-11

    万が一のために加入しておきたい地震保険

    地震に備えられる地震保険 火災が起こると建物や家財に大きな被害をもたらすことがあります。 金…
  2. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る