停滞する台風5号本州へ近づく恐れ

来週8月5日(土曜)に台風5号が本州へ接近?

日本の南。小笠原諸島周辺に停滞している強い台風5号は、進路を北に1時間におよそ10キロの早さでゆっくりと進んでいます。

本日現在の台風の大きさは中心気圧975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル、中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

しばらくの間、小笠原諸島の海上ではうねりを伴い、しけが続きますので高波にご注意ください。

今後の進路は?

小笠原諸島周辺に停滞している台風5号は、今後、北上する可能性もあります。
気象庁は今後の情報に注意するよう呼びかけています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. ダートネル博士

    2016-3-10

    ルイス・ダートネル博士のサバイバルガイドがタメになる

    滅亡レベルの災害が起きた際に準備しておきたい防災グッズは この記事を書いている時点では月日は3月1…
ページ上部へ戻る