多くの人が集まるからこそ必要な会社の防災グッズ

東京

東日本大震災以降向上している企業の防災意識

東京

東日本大震災は東北エリアの人々はもちろんの日本国民全体に衝撃を与えました

ただしあの悲劇をきっかけに多くの人が防災に対する意識が向上したと言えます
これは個人個人はもちろんですが企業の防災意識も向上現在では万が一に備えて大企業と中心に防災グッズの備蓄を導入する企業が増えています

また新たな非常食の考え方としてローリングストック法といったものも広がりを見せ始めていますそうした意味では国内の危機管理体制が確実にレベルアップしたと言えます

企業で導入が進む非常食

防災グッズのなかでも最も需要の高いのが非常食です
東日本大震災のケースからもわかるように災害が発生してまず必要とされるのが食べ物や飲料です

以前であれば非常食の主流は乾パンでしたが近年は非常食メーカー各社の努力もあって美味しくて便利な非常食が数多く開発されています
特に企業向けの非常食となると個人とは違い一定規模の量が必要となります

また量をできるだけ効率よく手間なく配ったり使用できる必要もあります

そうした点から注目を浴びているのがアルファ化されたコメを使った非常食です
国内ではパイオニア的な存在として尾西食品とサタケがアルファ化米の非常食を販売しており多くの地方自治体企業で採用がされています

企業用には一箱で50人分のコメが簡単に作れる仕様の商品が販売されており賞味期限も2年以上持つのが大きな特徴です
非常食の新たな考え方として家庭はもとより企業でも広がり始めているのがローリングストック法です

これは一年間を3回のサイクルでくぎりくぎった期間に古い非常食を使用新たな非常食を改めて買い足す方法です
これによりよくありがちないざという時に非常食の賞味期限がきれていたという事が防げるというメリットや賞味期限が多少短くても非常食として利用できる点があげられます

いざという時に使えることが防災グッズは重要

防災グッズを準備することは非常に大切ですただ企業でそれを取り入れる場合特にその管理体制が重要です

いざという時に備蓄していた非常食の賞味期限が切れていたという事や使い方がわからず結局使用できなかったとなれば本末転倒です
また企業の場合は特に多くの人が使用するという前提に立って準備することが必要なので量はもちろんの使いやすさも重要となってきます

東日本大震災をきっかけに防災意識の高まりは確実に向上しました
これは良い流れなので今後はその意識をさらに高めていく質の向上が求められている言えます多くの防災グッズメーカーからも日々新たな切り口のアイテムが登場してきているのでそうした新たなグッズに着目することも大切です

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  2. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  3. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る