地震を予知するサービスが話題

地震発生の1週間以内に会員にメール 的中率は7割

地震大国といわれる日本。政府の地震調査委員会によると、今後30年以内にマグニチュード7クラスの地震が発生する確率は、関東から四国にかけての太平洋側で軒並み高くなっており、南海トラフ沿いも前回調査より上昇しているのだとか。
となれば当然、地震への備えや対策が急務となっています。
電波から地震発生の前兆現象をとらえて時期・地域・規模を予測し、地震発生の1週間以内に知らせてくれる地震予知サービス「予知するアンテナ」がスタート。第1弾として、まずは検知対象エリアを関東中心に絞って9月1日より提供されています。

予知するアンテナ~早川理論で地震をキャッチ[関東版]~

「予知するアンテナ」は科学的根拠を基に、早川国立電気通信大学名誉教授が予測した地震情報を配信しております。地震予知は、大地震に向けた防災対策や地震が起きた際の落ち着いた行動による減災へつながります。

同サービスは、新聞・テレビなどメディアでも話題の日本地震予知学会 代表理事を務める、電気通信大学の早川正士名誉教授の地震予知理論に基づいたものです。

地震の前に発生する電磁波を直接受信する方法と、身の回りの電波を観測する方法とを用いて、地震の3要素(いつ、どこで、どのくらいの規模)を約1週間前に予測して教えてくれます。
これまで早川教授が世界中で研究に用いてきた観測手法を日本に集結させたというこの地震予知観測は世界初となる試みで、その的中率はなんと70%という精度の高さを誇ります。

今後はさらなる地震予知の精度向上と、巨大地震の予知実現を目指していくのだそう。

利用方法は簡単です。Webサイト「予知するアンテナ」にユーザー登録するだけで、すぐにPC・スマホから閲覧することができます。無料コンテンツとしては、全国各地の災害情報や地震規模に合わせた防災グッズの紹介、防災・減災のお役立ち情報などを掲載しています。有料コンテンツ(月額 税抜500円)としては、検知対象エリアの地震予測情報を会員向けに週2回配信してくれるというサービスがあります。

今後は検知対象エリアを順次拡大させ、来年9月には全国版対応をめざすというから、関東以外に在住の人も、ぜひ注目してみてほしいです。地震による不意打ちを避けるためにも、同サイトを常日頃からチェックしておきたいものですね。

参照記事:http://straightpress.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  4. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
ページ上部へ戻る