防災をシチュエーション別に見てみる

シチュエーション別防災

防災は自分がどこに居るかで変わります

シチュエーション別防災

以前紹介した記事「もしもエレベーターの中で大地震に遭遇したら」や、「地震が起きた際に屋外に居た時の対処法」でも具体的なシチュエーションの防災情報を書きました。

今回はその派生になりますが様々なシーンでの取るべき行動を見てみたいと思います。

地震の際電車内に居た場合

都心部であれば電車は大多数の人が利用する交通網の要です。
人口密度に比例して利用者数も増えると考えられますが、乗った状態で地震に遭遇した時はまず転倒を危惧しましょう。

有事の際に電車は緊急停車します。
経験のある人も多いと思いますが、急ブレーキをかけた車両はかなりの負荷が瞬間的にかかります。

結果混雑した電車であれば他の人も巻き込んで怪我をする可能性が高いので、可能な限り吊革やポールに掴まり転倒する事を防ぎましょう。

座っていた場合は身をかがめて頭上からの落下物に気を付けましょう。
鞄を持っている場合はそれで頭部をガードするのも重要です。

揺れが収まり落ち着いた後、車掌の指示に従いましょう。


駅で震災に遭遇したら

同じく駅の構内に居た場合はどの様な防災が好ましいでしょうか。
最初に考えて欲しいのはホームに転落しないようにすると言う事です。

震度によってはホーム側に立っていると危険度が増します。
又、人の数によって状況は大分変りますが地震が発生した際はうずくまってしまう事が良しとされています。

とにかく揺れが収まるまでは何も出来ないと考え、落ち着いた後駅員の指示に従ってください。
地下であれば地上に出ようとして出口の混雑が予想されますが、慌てず冷静を保ちながら行動しましょう。

間違っても線路に降りる事だけは避けてください。


車に乗っていた時の対処法

地震の規模によっては車の運転にも支障をきたす場合があります。
普段運転中は地震が起きた事もあまり気にならないですが、有事の際はまず徐々に減速しながらハザードを点灯するようにしましょう。

その後考える事は近くの屋外駐車場など開けた場所に移動する事です。
震度によっては道路が陥没したり、水道管が破裂する事によって水が噴き出してくるかもしれません。

車を置いて避難する場合は、キーは付けたままにしドアもロックはしないようにしておきましょう。
これは後程緊急車両が通る時に道を塞いでしまう事を回避するためです。

車のフロント部には手書きでも良いので連絡先を記載した紙などを置いておくと尚良いです。


百貨店やスーパー、コンビニでは

非常に沢山の商品が陳列されていることから、頭上への落下物が懸念されます。
震度が大きいと文字通り商品が棚から飛び出してくる事も想定されますが、それらを踏まえて優先的に頭部をガードするようにしましょう。

手持ちの鞄があればそれで、無ければ商品をレジに持っていく際に利用するカゴを使うのも良いと思います。
飛来物をケアしながら慌てずに非常階段や非常口に向かいましょう。

近くに店員さんがいる場合は指示に従い、人が多い百貨店などでは行列に押しつぶされないように冷静な判断力が要求されます。

我先にでは無く、状況をしっかり把握して空いている非常口から出る様にしましょう。


今回は電車、駅、車、百貨店と状況別に書いてみましたが、重要なのはまず何をするかです。
もちろんその時のシチュエーションで防災は変わってきますが、共通しているのはパニックを起こさずに機敏に行動すると言う事ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 16日
コメントは利用できません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 標語

    2016-3-8

    防災標語のおさらい

    防災にまつわる様々な標語を考えて見る 防災に関する標語は色々な物があります。 日本は避難訓練が盛…
  2. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  3. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
ページ上部へ戻る