手持ち花火で遊ぶ時の注意点

手持ち花火の注意点「

花火シーズン到来 楽しく遊ぶために確認を

夏の風物詩のひとつと言えば花火、夜の花火遊びはとても楽しいものですが、安全に遊ぶためには注意しなければいけないこともあります。夏休みに入って花火をする機会が増える前に、いま一度花火をするときの注意点を確認しましょう.

花火をする前の確認事項

⑴子どもは必ず大人の人と一緒に遊びましょう。

⑵水の入ったバケツ、ゴミぶくろ、ローソクを用意しましょう。
※虫除け対策に蚊取り線香などがあると心強いです。

⑶ 花火に書いてある遊び方をよく読んで必ず守りましょう。

⑷ 燃えやすいものがある場所は避け、広い場所で遊びましょう。

⑸ フリルがたくさんついたスカートや化繊の服は火が移りやすく燃えやすいので気をつけましょう。

⑹ 花火の響く音や、みんなで騒ぐ声などが周囲の迷惑にならないよう、時間が遅くならないように気をつけましょう。

花火をするときの注意点

⑴ローソクまたは線香で花火に火をつけましょう。
※ライター、マッチから直接火をつけるのは危険です。

⑵ 花火は1本ずつ火をつけるようにしましょう。

⑶ 風の強いときは花火遊びはやめましょう。
※火の粉が思わぬ方向に飛んで危険です。

⑷ 建物や、燃えやすいものの方に花火を向けるのは大変危険ですのでやめましょう。

⑸ 花火をほぐして遊ぶことやポケットに入れることはとても危険です。

花火をしている時の注意点

⑴花火を自分の体に近づけすぎないように気をつけましょう。

⑵ よそ見をしないで、しっかり花火を見ましょう。

⑶ 花火を人や物に向けないように注意しましょう。

⑷ 火がついている花火の前に行かないように気をつけましょう。

⑸ 遊び終わったあとは バケツの水につけて火を消しましょう。

⑹ 常に風上に居るように心がけましょう。
※煙を吸ってしまうと、喘息などの方は咳が止まらなくなる場合があります。

事故なく楽しく遊ぶために、ルールやマナーをしっかりと守りましょう!

参照記事:http://komae-kosodate.net/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 2016-8-17

    災害時の野菜不足~非常食も栄養バランスが大事~

    野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  2. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  3. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
ページ上部へ戻る