マグニチュード10の地震が来るとどうなるか

マグニチュード10

東日本大震災のおよそ30倍のエネルギー

仮説ではありますがもしマグニチュード10の地震が来たとすると日本や世界はどうなってしまうでしょうか。
一説には地球内部の要因で起こりうる最大のマグニチュードは10と言われています。

想定される説として、地震の揺れが1時間前後続く可能性もあるようで、津波が発生した場合は揺れている際に到達してしまうとみられています。

各都市部での交通網は一瞬で麻痺してしまうでしょう。
そうなると避難の手立ても限定されてしまう上に、どこに逃げても危険が付きまとう様な事態も想定されます。

家屋の倒壊は至る所で起こりうる

建築や建設の専門家ではないので詳しい事は分かり兼ねますが、一説によると現在建てられている建物はマグニチュード10規模の災害は想定して作られていないとの意見もあります。

一般的に考えても地震で10と言う数字が登場するのは確かに違和感を覚えるほど稀な事だと思います。
東日本大震災の時の30倍を超えると言うデータもあり、極端に言うと断層に沿って地球が割れてしまうとも言われています。

どう考えても地球滅亡レベルの災害と言えるでしょう。

更に恐ろしいのは、地球外部の要因によって起こされる地震と言うのはこれ以上の規模になると言う事です。
地球外の要因と言うのは主に隕石の事を指していますが、太古に恐竜が絶滅した遠因を作った隕石の衝突の際には津波が地球を一周半進んだそうです。

その際に巻きあがった粉塵が太陽光を遮り、温暖な気候であった地球に氷河期が訪れました。
その寒さに耐えられずに絶滅した生物も多く居ました。

今後マグニチュード10クラスの地震は起こるのか

ここまでは机上の話と言うか、すこし不安になる様な内容の物が多かったと思いますがそもそも今後マグニチュード10規模の地震が起きる事はあり得るのでしょうか。
地球内部の問題、つまり自然災害としてのマグニチュード10の地震は可能性としては低いと思います。

ただ可能性はゼロでは無いとも思います。
マグニチュード9クラスの地震が何回か来るとその後10レベルの物が到来する可能性もグンと上がるようですが、9クラスの地震もそうそう起きない事からとりあえずは安全なんではないでしょうか。

不確かな情報ばかりで恐縮ですが、どのみち各個人レベルでの防災も進めておくに越した事はないと思います。
日本では現在近い将来来ると言われている東海地震や、首都直下型地震の話が多く聞かれますが、天災は忘れた頃にやってくると言う事を覚えておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 地震の危険度

    2016-1-24

    地震の危険度が高いとされている地域は?

    地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう 今年に入ってからも地震があちこちで見られています…
  2. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る