[過去の災害事例体験]2011年ニュージーランド大地震

南海トラフ大地震

その時私が体験した自身の真実と反省

ニュージーランドはクライストチャーチでM.6.1の大地震が起き都市は崩壊

その真っ只中に居た私は地震の恐怖を目の当たりにしたのです都市は崩壊し死傷者は200人以上に上りました
日本人犠牲者は20人近くにまで上ったと思います私はその中で見たことを未だに忘れることが出来ません

そして災害時備えて常日頃用意しておいたほうがいい防災グッズも学ぶことが出来ました
私の体験を通して一人でも防災の意識を高めれればと思います

災害時役に立った防災グッズ

私が災害時に本当にお世話になったのはラジオと懐中電灯でした懐中電灯は取っ手を回すと電力を備蓄することの出来る便利なものでした

ラジオは携帯式の電池を使うコンパクトのものでした地震直後停電が起こりました
お昼だったのですが周りの皆も何が起きたのか全く情報を掴むことが出来ませんでした

しかしラジオがあったのでつけてみると都市が崩壊死傷者多発と繰り返し放送されていました
これで起きた地震がただ事でわないと知ることが出来ました

そしてWHOなどからの物資の無償配布や緊急避難先などといった重要な情報もしきりに流されていました店も2日ぐらい閉まっていたので私が物資をただで貰うことが出来たのもラジオの情報があったからでした

また電気の復旧は目処がたっていませんでしたなのでその日の夜は明かりと電気なしの生活を送らなくてはいけませんでした

暗闇の中は何が落ちているのか分からないため必需品でした昼間の地震で床一面は割れた食器のガラス片などで一杯だったのです

また食事を取るのに役に立ったのがコンロでした
火をつけて料理を作れるので非常に助かったのを覚えていますまた近所付き合いも大切だなと感じさせられましたコンロがなかったのですが隣の部屋に住んでいた人が持っていてお互いを助け合いながらその場をしのぐことが出来たからです

私の災害時の幾つかの反省点

私は災害を軽視していましたそのためいざ災害が起きたときにどこに物があるのかが分かりませんでした

実際懐中電灯を見つけるのにもかなりの時間を費やしました
また備蓄用の食糧も用意していなかったのです必要なものを災害時に用意することは本当に困難です

飲食類はまさにそれでした物資の支援がなかったら一体どうなっていたか分かりません
もし家が倒壊しそうになっていたら必要なものをもってすぐに避難できただろうか

答えはノーですその以降最低限のグッズをバックに入れ備えをしておくようになりました本当に災害は起きてからでは遅いと思いました食料品を始め情報収集が出来るように携帯用ラジオ寝袋など野宿できる用意はしておいたほうがいいと思います

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  2. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
  3. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  4. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
ページ上部へ戻る