殺人タコの異名を持つヒョウモンダコ相次いで捕獲!日本海を北上中

ヒョウモンダコ

この度日本海側でも発見される殺人ダコ

タイトルだけ見るとなんのこっちゃと思うかもしれませんが、温暖な海域で確認される事の多いヒョウモンダコが日本海側でも続々捕獲されていると言う内容になります。

猛毒を持つこのタコは日本近海だと和歌山県沖などで確認された事はありますが、日本海側での生息確認は今まであまり無かった事の様です。
フグと同じテトロドトキシンと言う毒を有していて、噛まれた際には命を落とすケースもあります。

身の危険を感じた際に全身を黄色に変化させて、尚且つ青いヒョウモンを浮かび上がらせる事からこの名がつきました。
神経毒に分類されるその強力な毒は呼吸困難などを生じさせ死に至らしめる事になるそうです。

海水の温度上昇が原因か

以前から太平洋側での捕獲数も伸びていて、日本海側での発見、捕獲に関してはここ数年で顕著に数字が伸びているとの事です。
南は九州沿岸から山陰、若狭湾とその生態域は北上しています。

地球温暖化に伴い海水の温度も昔とは違うと言う事が原因と見られていますが、結果的にヒョウモンダコも越冬しやすい環境になったと言う事でしょうか。

漁師の網を挙げた際に中に入っているケースが多く、今の時期はまだ深刻ではないですが海水浴の季節になると接触するケースも増えると懸念されています。

イメージとしてはタコにそこまで有毒な物は無い気がしますが、物珍しいからと言って安易に触れてしまうと命の危険もあると言う事です。
現在様々なニュースメディアでも取り上げられているだけあって、思った以上に深刻な事態になっていると思いましょう。

画像出典:http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-4878018/

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
  2. 標語

    2016-3-8

    防災標語のおさらい

    防災にまつわる様々な標語を考えて見る 防災に関する標語は色々な物があります。 日本は避難訓練が盛…
  3. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
ページ上部へ戻る