世界一天災の少ない国と名高いマレーシアで地震があった話

絶対に安全な国はないのでしょうか

東南アジアにある国の一つマレーシア。

東南アジアにあるにも関わらず、マレーシアは台風に襲われないと言われています。

また、地震も起きない安全な国として知られていました。

しかし、そんなマレーシアで2015年に大きな地震が起きてしまったのです。

マレーシアの地震に対する認識

マレーシア
※過去マグニチュード5以上の震源箇所
参照:http://kaigaifudousanjoho.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

マレーシアの首都クアラルンプール周辺は活断層や火山が存在しません。

そのため火山性の地震活動や地震に伴う津波はほとんどありません。

また、クアラルンプールのあるマレー半島側もボルネオ島側も地震プレートから距離があり、地震は少ないと言われています。

これらの理由で、世界で最も天災リスクが低い地域の一つとして名が挙がります。

そのためマレーシア人は地震に対する備えは無いに近いです。

特にマレーシアの建物は地震が来るとすぐに崩壊することが目に見えるような建物作りになっています。

予想外の大地震

2015年6月5日、マレーシア・サバ州ラナウでマグニチュード5.9 ないし6.0の地震が発生しました。

サバ地震、キナバル山地震、ボルネオ島地震、マレーシア地震などと呼ばれています。

震央の北十数kmに位置する標高4095メートルのキナバル山では広範囲に地すべりや落石が発生し、日本人を含めた多くの登山客が足止めされました。

徒歩などで下山できた登山客もいますが、18名が亡くなっています。

キナバル山は地殻変動によってできた山と言われ、マレーシアで最高峰の山であり、自然世界遺産にも登録されています。

キナバル山は奇岩で有名な山で、特に山頂付近にある花こう岩の奇岩の1つ「ロバの耳(Donkey’s Ears)」は有名ですが、地震によって2つ並んで突き出た岩のうち、1つが破損しました。
キナバル山
参照:http://www.chikyudiary.com/

マレーシア人が考えた地震が起こった原因

マレーシア2
参照:http://singapore.navi.com/

マレーシアでは地震が起こった原因について「山の精霊の怒りを買った」、「観光客が山の神を侮辱した」と考えた人が少なくありませんでした。

それは、外国人登山者が山頂で全裸や半裸になって写真撮影などを楽しんでいた事実がありました。

イスラム教を国教とするマレーシアでは肌を露出するのは良しとされませんし、キナバル山はとても神聖な山として信仰の対象となっていました。

マレーシアの人にとってはそれほど山が大事であり、外国人の非常識な行動が許せず、出てきた意見でしょう。

まとめ

地震が起きない国として知られていたマレーシアの地震のように、地震が全く起きないというわけではありません。

世界中どこに行っても自然災害は予測しにくく、絶対に安全とは言えないのでしょう。

参照記事:http://joy-trip.jp/18320

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
  2. 東京

    2015-12-29

    首都機能が停止!?明日起こるかもしれない首都直下型地震!

    首都東京を襲う大災害 首都直下型地震とは南関東陸域の直下を震源とする地震であり、歴史的に見…
  3. 会社で行う防災

    2016-2-4

    いつ起きてもおかしくない首都直下型地震!

    起きたら一気に世紀末!準備は平和な内がいい 地震大国と言われている日本ですが、その所以を証…
ページ上部へ戻る