自分の命を守るための防災グッズで最優先は

防災グッズ備蓄

防災グッズの中でも何を最優先すればよいか

地震がいつおこってもおかしくないという地域なら防災グッズはきちんと用意している人も多いでしょう。

防災グッズをこれから準備しようという人も、すでに持っている人も、防災グッズの中身はきちんと確認していますか。
いざというときに最も重要になってくるものは何でしょうか。

とりあえずは災害が起きたら最初の一日をしのげることのできる道具がそろっていればまずは安心です。
あれこれとたくさんのものがありすぎても荷物になる場合もあります。

大事なものは取り出しやすい場所に

防災グッズの中に必ず入れてほしい物は、いろいろありますが、まず懐中電灯、ラジオはわかりやすいところに入れておきたいものです。

防災グッズを入れるザックなどにあれこれ適当に詰めていると、いざというとき肝心なものが取り出しにくいということがあります。
震災は昼間に起こるとは限りません。暗がりの中を急いで避難するのは大変危険です。

それから、震災のときは慌てず行動することも大事なので情報源となるラジオは必須アイテムです。今一度使い方を確認し、電池などはきちんと入っているか、予備の電池もあるかを確認しておきましょう。これは懐中電灯も同じですね。

万が一、火が使えないというときに、ライターやマッチなどもあると助かることがあります。それから救急セット。慌てて怪我をする場合もあります。
そして、タオル。これは何かと使用頻度が多いといいます。けがをしたときにも役立つことがあるでしょう。

防災グッズには入っていないことが多いので自分で用意しておきましょう。それから袋には入りませんが、ぜひ外に出るときに用意してもらいたいものがヘルメットと運動靴。足元や頭を安全な状態にしておくことは避難するときには当然のことです。いざというときに慌てないように枕元や玄関に置いておきましょう。

あらゆる状況を想定して

例えば家で防災グッズを用意していても、外で震災に合うことも考えられます。寒い日かもしれませんし、真夏かもしれません。家よりも外にいるほうが時間が長いという人なら、家に防災グッズがあってもいざというときはまったく役にたたないことも考えられます。

できれば、小さくて持ち運びしやすいミニライトやホイッスル、救急セットなどをかばんに入れておくとよいでしょう。また、よく売られている防災ガイドブックなども一通り目を通すだけでなく、持ち歩いたりときどき目を通すようにして再確認してみてください。

家のリビングの目につく場所に置いたり、重要項目はコピーして壁に貼り付けるなどしておくのもいいアイデアです。日ごろ家族で防災について話す機会も設けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. イルカ

    2015-10-27

    海岸にイルカやクジラが打ち上げられると地震の前兆と言う話

    海岸に打ち上げられるのは地震の前兆か? 先日地震雲にまつわる記事を書きましたが、似たような…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る