東京都が無料配布した「東京防災」が人気

東京防災

東京都の防災マニュアル本が読みやすい

東京防災

2015年9月1日に都民向けに配布された「東京防災」と言う防災マニュアルが話題になってきました。
当サイトも随所でこの冊子の内容を参考にしていますが、イラストが多く分かりやすいと言う事が人気の要因です。

東京都が無料で都民向けに配布されたもので、小型の段ボールに入って家や会社に届いていましたが、現在ではネットでも同じ内容の物が閲覧できるようになっています。
それに合わせてサイトも開設したようですので、詳しい防災の情報を得たい場合にはこのページを見るだけでも知識が付くと思います。

東京防災サイト→http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html
防災ブックを読む→http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/main/index.html

現在ネット上でも話題になっていますが、一冊150円での販売も行って居るとの事です。
冊子の最後尾には漫画家のかわぐちかいじさんが書いた首都直下型地震が起きたらと考えさせられる漫画が載ってます。

これが又非常にリアリティがあって、防災の意識を高めてくれるでしょう。

防災マニュアルは一冊手元に置いておきたい

この東京防災に限った話ではないですが、防災に関するマニュアル本や冊子は一冊は身近に持っておいた方が良いでしょう。
もちろん持っているだけでは意味が無く、読み込んである程度の内容は頭に入れておくことが大事ですが、自宅のテーブルの上にポンと置いてあるだけでも中を見る機会は増えると思います。

災害時に適切な行動を取りつつ迅速に対応するためには事前に情報収集をしておきましょう。
ネットでも同様にある程度の知識を得る事が出来ますが、可能であれば様々な状況に応じた情報が載っている物が良いと思います。

防災の情報から始まり、地震、火災、水害、噴火等自然災害をメインに、その後の避難に関する情報が載っている物が一番望ましいと思います。
東京防災はこの辺の情報量が覆いだけでなく、イラストもメインに進んで行くので頭に入りやすい感じなんだと思います。

実際その辺りが人気にも繫がっているようです。

機会があれば目を通してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  3. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  4. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  5. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…

ピックアップ記事

  1. 2017-5-18

    【3.11大川小を忘れない】親としてできることとは?

    大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る