在宅避難の手引き

防災準備を事前にして在宅避難に備える

震災があった後、被害の大小に応じて避難をする事になると思います。
家屋の倒壊や恐れ、その他壊滅的なライフラインの停止等があると避難所に行く事になると思いますが、元より家の耐震化や備蓄など防災準備が事前にしてあれば在宅避難をお勧めします。

避難所での共同生活はストレスに感じる人も多いでしょうし、住み慣れた自宅で対応出来るようであればそちらの方が建設的だからです。
その時の状況に応じて考える必要はありますが、やはり前もって防災グッズの購入など行っておくと良いと思います。

在宅避難に必要な物

大前提として在宅避難をする人は家屋の倒壊が無いとはっきり断言できる状況です。
その他食べ物や水の備蓄量が十分に確保できてると言う事も挙げられます。

中長期的に自宅で避難生活を送るにあたって、まず必要な物はライフラインの代わりになる物です。
これは地震などの影響で、普段何気なく使っている電気、ガス、水道が止まってしまった場合それらを活用する事が出来なくなります。

ガスの代わりにガスコンロを使って料理をしたり、水はペットボトルを沢山確保しておく事で代替品になるでしょう。
電気は確保が難しく、自家発電機があればモアベターですが、これは重量も有り誰もが準備しやすい物ではないですね。

単純な灯りの代わりと言う意味では懐中電灯やろうそくで良いかもしれません。
その他普段自然と使っている電気機器はその殆どが使用できない状況になるかもしれませんが、生活に直結するもので無ければ優先して代替品を揃えなくても良いと思います。

非常食はあっても困らない

有事の際は食料の確保も深刻な問題です。
人間、食べなければ弱ってしまいますから避難中でも非常食をメインに日時を凌いで行く事になります。

乾パンインスタントラーメン、同じくパックされたお粥ご飯など長時間放置していても食べれる物を数多く備蓄しておきましょう。
この手の非常食は幾つあっても困りません。しいて言うなら置き場所ぐらいが気にするべきところですが、万が一を想定して少しずつでも準備していく良いと思います。

下水道が使用できるか確認する事

大きな災害の後で大変だったと聞く体験談は下水関係にまつわる物が多いです。
つまりトレイが使用できるか否か、そもそも排水が正常に流れて行くのかどうかで気を病みます。

こういう場合は簡易トレイを活用する事になると思うので、上の非常食等と同じくあらかじめ買い込んでおく事をお勧めします。
簡易トレイに関しては各自治体や行政でも手配している場合もあるので、見かけた際はめんどくさがらずに幾つか確保しておくと役に立つ日が来るかもしれません。

避難生活が長期になってしまうと必要数も多くなりますが、予備の分も含めて備蓄しておきましょう。

防災準備を事前にして在宅避難に備える

震災があった後、被害の大小に応じて避難をする事になると思います。
家屋の倒壊や恐れ、その他壊滅的なライフラインの停止等があると避難所に行く事になると思いますが、元より家の耐震化や備蓄など防災準備が事前にしてあれば在宅避難をお勧めします。

避難所での共同生活はストレスに感じる人も多いでしょうし、住み慣れた自宅で対応出来るようであればそちらの方が建設的だからです。
その時の状況に応じて考える必要はありますが、やはり前もって防災グッズの購入など行っておくと良いと思います。

在宅避難に必要な物

大前提として在宅避難をする人は家屋の倒壊が無いとはっきり断言できる状況です。
その他食べ物や水の備蓄量が十分に確保できてると言う事も挙げられます。

中長期的に自宅で避難生活を送るにあたって、まず必要な物はライフラインの代わりになる物です。
これは地震などの影響で、普段何気なく使っている電気、ガス、水道が止まってしまった場合それらを活用する事が出来なくなります。

ガスの代わりにガスコンロを使って料理をしたり、水はペットボトルを沢山確保しておく事で代替品になるでしょう。
電気は確保が難しく、自家発電機があればモアベターですが、これは重量も有り誰もが準備しやすい物ではないですね。

単純な灯りの代わりと言う意味では懐中電灯やろうそくで良いかもしれません。
その他普段自然と使っている電気機器はその殆どが使用できない状況になるかもしれませんが、生活に直結するもので無ければ優先して代替品を揃えなくても良いと思います。

非常食はあっても困らない

有事の際は食料の確保も深刻な問題です。
人間、食べなければ弱ってしまいますから避難中でも非常食をメインに日時を凌いで行く事になります。

乾パンインスタントラーメン、同じくパックされたお粥ご飯など長時間放置していても食べれる物を数多く備蓄しておきましょう。
この手の非常食は幾つあっても困りません。しいて言うなら置き場所ぐらいが気にするべきところですが、万が一を想定して少しずつでも準備していく良いと思います。

下水道が使用できるか確認する事

大きな災害の後で大変だったと聞く体験談は下水関係にまつわる物が多いです。
つまりトレイが使用できるか否か、そもそも排水が正常に流れて行くのかどうかで気を病みます。

こういう場合は簡易トレイを活用する事になると思うので、上の非常食等と同じくあらかじめ買い込んでおく事をお勧めします。
簡易トレイに関しては各自治体や行政でも手配している場合もあるので、見かけた際はめんどくさがらずに幾つか確保しておくと役に立つ日が来るかもしれません。

避難生活が長期になってしまうと必要数も多くなりますが、予備の分も含めて備蓄しておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

地震

  1. 大川小の失った子ども達の命を教訓に 東日本大震災で宮城県石巻市の大川小学校では74人もの子供達が津…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

過去話題の記事

  1. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  2. 簡易トイレの作り方

    2015-10-8

    避難時簡易トイレの作り方

    断水や被災で水洗トイレが使用できなくなった時の対処法 災害時にライフラインがス…
  3. 2016-9-14

    国内で一番地震が少ない都道府県はどこだ!?

    日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 地震の無い国

    2016-2-13

    世界には地震のないうらやましい国もあります

    地震は世界中で起きていますが 日本は常に地震が発生している国で、時には大きな災害に発展することもあ…
ページ上部へ戻る