【総務省発表】14日に(Jアラート)全国一斉情報伝達訓練の実施

総務省が明日、全国瞬時警報システム(Jアラート)全国一斉情報伝達訓練を行います。

Jアラートとは?
対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃などの情報を「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるシステムです。

●実施日時
平成29年11月14日(火)11時00分

今回の訓練では、防災行政無線等の情報伝達手段を実際に自動起動させることで、不具合の発生を未然に防止することを目的としています。
出典元:野田総務大臣閣議後記者会見の概要

Jアラートを聞くと少し怖い気分になりますが、都道府県・市区町村で不具合が無いようにする訓練です。

今年ミサイルが日本上空を通過した際に、少し不具合があった様ですので訓練の実施は効果があると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

地震

  1. エコノミー症候群には気を付けて 災害が発生して家屋が倒壊し、自宅に住めない状況…
  2. パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 日本で自然災害や地震が少ない都道府県はどこ? 日本に安住の土地はあるのか…!? 災害のニュースを…
  4. 野菜を食べたい… 災害時、備蓄や配給の食事では野菜不足によって栄養バランスが崩れ、体調不良に陥るケ…
  5. 大阪市営バス
    助け合いの精神を感じる素晴らしい活動 本日SNS等で話題になっているキーワードに「大阪市営バス」と…

ピックアップ記事

  1. 懐中電灯

    2016-2-5

    一人暮らしの人のための「大地震に備えて用意しておきたいもの」

    地震の直接の被害をまぬかれた後のサバイバルのために 日本人であれば、どこに住んでいようと大地震を想…
  2. 2016-10-17

    「地盤サポートマップ」地盤を地図で確認できる優れもの

    パソコンで簡単にわかる!「地盤サポートマップ」が無償公開 いざ地震が起こったときに、被害を少しでも…
  3. 地震の危険度

    2016-1-24

    地震の危険度が高いとされている地域は?

    地震の危険度が高い地域を改めて確認しよう 今年に入ってからも地震があちこちで見られています…
ページ上部へ戻る